情報提供局:本舗『なんでも屋』

芸能や最新ニュース、エンターテイメントで興味を持ったことを提供していきます。また、教育に関することや管理人の趣味に関する内容も書いています。

クリスマスパーティーで盛り上がるゲームや企画を友達としよう!【大人数OK】

   

partyeyeクリスマスシーズンがやってきました!

小学生のお子さんをお持ちのご家庭でパーティーをする人たちも少なくないですよね!

そんな中、パーティーをしたところで何も企画が浮かばない、盛り上がるゲームを思いつかないといった悩みも多いはず。

そこで、今回は王道からマイナーなものまで盛り上がれるゲームを紹介していきたいと思います!

-スポンサードリンク-

ビンゴゲーム

用意するもの

①ビンゴカード・・・100均で購入することができます。

②(必要に応じて)1~75の数字を書いた紙きれ等

遊び方

ビンゴは王道ですね。

特に進め方でわからないことはないと思いますが、問題はどうやって数字を決めるかです。

ビンゴは1~75の数字が1列目に1~15、2列目に16~30、3列目に31~45、4列目に46~60、5列目に61~75の数字がランダムに配置されています。

ですので、1~75の書かれた紙きれを箱の中に入れて置き、順番に引いていくという方法が考えられます。

また、人数が多ければ好きな数字を順番に言っていくという方法もありますね。

1列揃ったら終わり、2列揃ったら終わりなどのルールは各自決めてもらえれば好きなように楽しめると思います。

注意点

好きな番号を順番に言っていく方法は4周目には必ず1列揃えることができます。

なので、少人数の場合は採用しないほうが盛り上がれるでしょう。

宝探し

用意するもの

①お菓子などの<宝物>

②番号の書かれた紙きれやメダル<探すもの>

③隠すことのできる場所や部屋

遊び方

あらかじめ景品に番号を振って展示しておきます。

同じ番号の紙切れやメダルなどを見つけたら交換できるというわけですね。

 

初めに大人たちで、紙切れを隠しておきます。そして、宝探しスタートの合図で一斉に子供たちが宝物を探し始めます。

1人目の宝物発見者が出たあたりからどんどん盛り上がっていきますよ!

注意点

①ルールを決めておきましょう。タンスや引き出しなど、扉を開けなければ見つからない場所には隠していない。物を動かさなければ見つけることが出来ない場所には隠していない。など

②隠した場所を覚えておきましょう。最終的に見つからなかった紙切れやメダルは思い出せなければ永遠にゴミとして部屋の中に眠り続けることになります(笑)

新聞ちぎり

用意するもの

①新聞

遊び方

このゲームは新聞を手で破って、リンゴの皮をヘビみたいに剥くように長細くしていくゲームです。

一番長くなったチームが優勝です。

 

まずはチーム分けをしましょう。

1チームの人数は5~10人くらいが目安です。しかし、それよりも少なくても多くても遊ぶことはできます。

チーム毎に縦1列に並びます。

先頭の子に新聞1枚を渡します。

そして、スタートの合図で新聞を破っていきます。1人あたりの制限時間を決めて進行役の合図で次の人にバトンタッチです。

 

制限時間の目安は10~20秒がオススメです。

途中、長細くちぎっていた新聞が切れてしまった場合は残った新聞で新しく作っていきます。

複数本できた場合は一番長いものを審査に出しましょう。

 

長く使用と細くしすぎると切れやすく、切れないように太くしすぎると使える新聞の量が少なくなってしまうので、バランスの取れた太さを切れるテクニックと思考力が必要とされます。

頭の体操にもいいですよ!

 

注意点

ある程度人数がいないと楽しめないというデメリットがあります。

4人くらいのパーティーだと厳しいですね。

ちぎれた新聞紙は終わったら片づけさせましょう。

プレゼント交換

用意するもの

①プレゼント

②模造紙

③マジック

遊び方

プレゼント交換のやり方はいろいろありますね!

今回はあみだくじを利用した交換方法をご紹介します。

まず、模造紙に人数分の縦線を書きます。

下にはあらかじめ参加者の名前を書いておきましょう。

 

そして、プレゼント交換の時間が始まったら、まずは線の上に一人ずつ名前を書かせます。

この際、下の名前は折り曲げたり、上から紙を貼ったりして見えないようにしておいたほうが楽しめると思います。

名前を書き終わったら、今度はあみだくじの醍醐味、横線を入れる時です。

一人ずつ好きなところに横線を入れさせましょう。入れる線の本数をあらかじめ決めておくとスムーズに事が運ぶかと思います。

全員が横線を入れ終えたら。下の名前をご開帳!

誰が誰にプレゼントを渡すのか、あみだくじをしていきましょう!

一人分ずつ進行していきたい場合はあみだくじをした後に到着した場所の名前だけ開けるといいでしょう。

ドキドキわくわくの時間ですね!

上の人が下の人にプレゼントをあげるのか、下の人が上の人にプレゼントをあげるのかは、あらかじめ決めておいてください。

注意点

つながった人同時の交換ではないので注意してください。

名前が二つありますからね!

もし、プレゼントを各自2つ用意していれば、つながった人同士の交換でも問題ありません。

 

自分の名前とつながってしまった時の対策が必要です。

横線を増やしてやり直すなどの方法もありますが、めんどくさいですね。

交換できなかったというマイナスイメージが多いので、あらかじめ当たりにしておくと惨めな感じがなくなるかと思います。

たとえば、自分の名前になった場合は特別プレゼントがもらえる大当たりという設定にしておく等。

-スポンサードリンク-

人間知恵の輪

用意するもの

特になし

遊び方

チーム分けをします。

1チームの人数の目安は10人程度。

 

チームごとに手をつないで円を作ります。

そして一人だけ抜けて相手のチームに向かいます。

そして、その一人が円になっている相手チームに指示を出して、交差させていきます。

○○と○○の間をくぐって、次に○○と○○の間をくぐってというようにしていきます。

この時、手をつなぎっぱなしなので、手がいろんな方向にクロスしていくでしょう。

 

そして、知恵の輪が完成したら、同時にスタートしてほどいていきます。

この時、手を離してはいけません。

先に最初の綺麗な円に戻れたチームが勝利です。

注意点

あまりぐちゃぐちゃにしすぎると手が痛くなってしまいます。

人数が少ないと楽しめません。

特に準備をする物がないので、即座に楽しむことはできますね!

言葉集め

用意するもの

①紙

②ペン

遊び方

まずはチームに分かれます。※個人戦でも楽しめます。

このゲームはお題を決めて、そのお題に合った言葉を見つけていくゲームです。

例えば、クリスマスというお題。

クリスマスに関連する言葉を思いつく限り紙に書いていきます。

「サンタクロース」「プレゼント」「トナカイ」「ケーキ」等

多くの言葉を思いつくことが出来たチームの勝利です。

注意点

特にありませんが、関連するかどうかの判断がきわどい単語について、OKかNGかの判断をする審判が必要です。

-スポンサードリンク-

管理人の感想

どうでしたか?

割と人数が多めのパーティー向けのゲームをご紹介しました。

是非たくさんのお友達とパーティーができるといいですね!


 - 生活