情報提供局:本舗『なんでも屋』

芸能や最新ニュース、エンターテイメントで興味を持ったことを提供していきます。また、教育に関することや管理人の趣味に関する内容も書いています。

『そして、誰もいなくなった』真犯人の予想・考察【第0話】

      2016/07/20

誰もいなくなった2016年7月17日(日)22:30~スタートする新ドラマ『そして、誰もいなくなった』

藤原竜也が主演のドラマといえばカイジやデスノートなど、頭脳バトルを繰り広げるストーリーが多いですね!

今回の『そして、誰もいなくなった』もどうやら超本格サスペンスということで、頭脳バトルが見どころのような気がします!

当ブログでは『そして、誰もいなくなった』を視聴しつつ、随時管理人なりの考察を進めていきたいと思っています!

是非、一緒に真犯人に辿り着いてみましょう!

-スポンサードリンク-

『そして、誰もいなくなった』

アガサ・クリスティの小説?

有名なアガサ・クリスティの小説「そして誰もいなくなった」とは、何の関係もないようですね!

たまたま、同じタイトルになってしまったということだそうです。

アガサ・クリスティの小説では動揺になぞらえる見立て殺人が起こり、最後には真犯人が自殺をして登場人物が全員死んでしまうというストーリーです。

今回のドラマの「誰もいなくなった」とはどんな真相を暗示しているのでしょうか?

主演:藤原竜也の演じる役は?

主人公の名は藤堂真一

大手コンピューターシステム開発会社の研究員をしており、恵まれた人間関係を築き上げ、順風満帆な生活を送っていました。

恋人にも恵まれ、結婚しようとした矢先に同姓同名の男が逮捕されたことをきっかけに、一気に人生が崩壊していってしまう。

だが、頭脳明晰な藤堂真一は見方がゼロになろうとも、一人で戦い抜く。そんな役を演じるのではないだろうか。

あらすじ

容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれ、

順風満帆な人生を送っていた”藤堂新一”。

ある日、同姓同名の男”藤堂新一”の逮捕により、

新一の人生の歯車が一気に狂い始める・・・。

突如現れた、偽物に”人生を丸ごと乗っ取られ”

次々と押し寄せる不可解な事件の数々。

一体、誰が、何のために!?

引用:http://www.ntv.co.jp/soshitedaremo/

-スポンサードリンク-

放送前の考察

サスペンスとミステリーの違い

今回は超本格サスペンスということだが、ミステリーとは何が違うのだろうか?

ミステリーとは謎を解くことを楽しむために作られた物語で、サスペンスとは事件が起こるときのドキドキやハラハラを楽しむために作られた物語です。

つまり、今回のドラマはドキドキやハラハラを楽しむように作られたストーリーであることが考えられます。

推理をすることは可能なのだろうか?

サスペンスドラマにありがちなのは、犯人が初めからわかった状態でストーリーが進むという展開です。

その為、推理をする前に犯人がわかってしまっている状態になる可能性がありますね。

ですが、今回の公式情報では「登場人物全員が容疑者」ということで、初めから犯人が明かされるということはまずなさそう。

あとは、犯人にたどり着くためのネタがしっかりと散りばめられているかどうかということになります。

それらを拾い上げ、組み立てていく謎解きを楽しみたいですね!

-スポンサードリンク-

管理人の感想

藤原竜也の出るドラマは昔から好きで、一番好きな俳優です!

ワンパターンな演技しかできないっていう批判もあるようですが、あの熱くなる演技が好きでたまりません!笑

では、次回は第1話放送後に犯人考察をしていきたいと思います!

では、また会いましょう!

>>次にオススメの記事

『そして、誰もいなくなった』ミス・イレイズの脅威と謎の考察【第1話】


 - ドラマ, 芸能