情報提供局:本舗『なんでも屋』

芸能や最新ニュース、エンターテイメントで興味を持ったことを提供していきます。また、教育に関することや管理人の趣味に関する内容も書いています。

加工肉に発ガン性!?食べて大丈夫な量はどのくらい?

      2015/11/04

加工肉アイキャッチWHO(世界保健機構)が10月26日にベーコンやソーセージなどの加工肉に発ガン性があると発表しました。

今まで普通に食べてきたものをいきなり発ガン性があるといわれても困惑してしまいますよね。

他にも赤肉にはおそらく発ガン性があると発表しました。

今回は加工肉に焦点を当てて見ていきたいと思います。

発ガン性は本当なのか?1日にどのくらいの量なら食べても大丈夫なのか?

確認していきましょう。

-スポンサードリンク-

加工肉=肉=発ガン性なのか?

今回、世界保健機構が発表した内容は、加工肉に含まれる化学物質に発ガン性が含まれるということでした。

つまり、肉自体に発ガン性があることはまだ確定していません。

「まだ」と言ったのは、前述したとおり赤肉にもおそらく発ガン性があると発表しているため、今後の研究が進むと赤肉にも発ガン性が含まれていることを証明されてしまうかもしれません。

どこのガンになるの?

今回のケースは食事を介した発ガン性となっているので、みなさんも胃ガンを連想すると思います。

しかし、今回の発表で一番顕著に発ガン性の結果が出たのは、結腸ガンだそうです。

結腸とは

結腸とは盲腸から直腸の間の部分のことを言うらしい。

外回りの太い部分ですね。

また、結腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸の4種類に分かれています。

※下の画像を確認してください。(赤い部分が結腸です)結腸

出典:https://kotobank.jp

 

大腸とは

ちなみに、大腸はどこのことを言うのかというと、盲腸+結腸+直腸を合わせて大腸と言うようですね。

つまり大腸ガンとは盲腸ガンか結腸ガンか直腸ガンのことを表します。

 

※大腸の部分(青:盲腸 赤:結腸 緑:直腸)

大腸出典:https://kotobank.jp/

発ガンの確率

さて、加工肉をどのくらい食べたら、結腸ガンになる確率がどのくらい上がるのでしょうか?

WHOの報告によると、1日あたりの加工肉摂取量が50g増加すると、直腸ガンになる可能性が18%増加するそうです。

 

とはいえ18%増加と言われてもいまいちぱっとしない。

なので、具体的な例を用いた説明を確認しました。

英国では100人に6人が結腸ガンになるそうです。もし、この100人が毎日、加工肉を50gずつ摂取量を増やした場合、結腸ガンになる人が100人中7人になるという。つまり、100人中1人が結腸ガンになるリスクが高まるということだ。

 

こう見てみると、意外と大きな問題ではなさそうだ。

実際、毎日加工肉を摂取するわけではない。

また、発ガン性の基準は今よりも50g増やしたらリスクが18%増加するということになっている。

つまり、毎日50gの加工肉を食べたから発ガンするという意味ではないのです。

 

1日に食べても大丈夫な目安は?

さて、ここまで発ガンの可能性の説明をしてきましたが、実際どのくらい加工肉を摂取しても大丈夫なのでしょうか?

イギリスがん研究所はイギリス政府に対して、政府が推奨する1日の摂取量を70gに抑えたほうがいいと助言しています。

 

つまり、1日70gに抑えておけば、ガンになる可能性が大幅に上がるわけではないということがうかがえます。

ちなみに、1日70gとはどのくらいなのか?という疑問ですが、

ソーセージで有名なシャウエッセンの1袋が127gとなっています。

1日に摂取しても大丈夫な目安としてはシャウエッセン半袋分といったところでしょうか?

 

しかし、これは毎日食べた場合の目安になります。

 

仮に、『1日でシャウエッセンを3袋も食べちゃった!どうしよう・・・』となっても、その後の5日間、加工肉を食べなければ加工肉を摂取した総量は1日の目安量(半袋)を毎日摂取した場合と変わらないですよね。

つまり、(人にもよりますが)毎日加工肉を摂取するわけではないので、一生を通してみれば特に気にするほどのリスクではないということです。

 

他にもベーコンやハムなどの加工肉も存在するので一概には言えませんが、おおまかな目安と認識していただければと思います。

-スポンサードリンク-

タバコによる発がん性リスクとの比較

タバコといえば肺がんになる原因として有名かと思いますが、それでも吸う人がいるのが現状です。

タバコの発がんリスクと加工肉の発がんリスクではどのくらいの違いがあるのか気になりませんか?

そこで、調べてみました。

以下は1983年~2003年の日本における男性の喫煙によるガン死亡リスクです。

肺ガンで死亡するリスクはタバコを吸わない人と比べて4.8倍にもリスクが上がるそうです。

加工肉と同じような表記にすると・・・

タバコを吸わない人が日本人男性の平均本数のタバコを吸い続けると、発がんするリスクが380%増加するということです。

これは仮にタバコを吸わない人100人中7人が肺がんになるとすると、この100人がタバコを吸った場合、肺がんになる人は33人に膨れ上がるということです。

つまり、加工肉のリスクとはタバコに比べると、本当に些細なレベルだということがわかりますね。

加工肉の発がんリスクを気にする前に、タバコの発がんリスクを気にした方がいいと管理人は思いました。

管理人の感想

いきなりそんな発表されても・・・

と思いましたが、実は管理人はソーセージがあまり好きではないのでそこまで悲観していません(笑)

 

ソーセージが大好き!毎日食べなきゃ死んじゃう!というような人にとっては驚愕のニュースでしたね。

加工肉製造の業界にとっては大激震だったのではないでしょうか?今回のニュースで発ガンを恐れる人達が多くなり、売り上げが大幅ダウンに繋がる可能性は大いにあります。

 

また、赤肉にも発ガン性がある可能性があるというので、それは困ったものです。

管理人も赤肉は大好きなので・・・(笑)

 

今後、研究が進んで赤肉は大丈夫でした!と発表されることを期待しましょう(笑)

 

みなさん、加工肉の摂取しすぎには気をつけてくださいね!

-スポンサードリンク-

 

 

 

 

 


 - ニュース