情報提供局:本舗『なんでも屋』

芸能や最新ニュース、エンターテイメントで興味を持ったことを提供していきます。また、教育に関することや管理人の趣味に関する内容も書いています。

工藤めぐみはいつからサンバダンサーになったのか?

   

工藤サンバ2月28日(日)放送の情熱大陸に登場するのは工藤めぐみです。

工藤めぐみはサンバダンサーとしてだけではなく、日本のジャニーズコンサートのバックダンサーとしても活躍しているみたいですね!

-スポンサードリンク-

工藤めぐみのプロフィール

超俊敏な30歳

あのキレのある動きは20代でしょ!と思いきや、なんと工藤めぐみは1985年生まれの30歳だそうです!

管理人なんかよりもよっぽど若く見えますねー(笑)

ダンスをやっている人はみんなこんな感じなのでしょうか?

工藤めぐみは日本出身の人?

管理人にとってサンバといえばブラジルというイメージしかありません!笑

工藤めぐみはブラジルからやってきた超新星?というわけではないようですね。

普通に日本の神戸で生まれ育ったみたいです!

一応ブラジルに行っていた経験はあるみたいですねー

サンバダンサーとしての実力はどれ程?

素人が見ても凄いとしか形容しがたい動きは凄い人に違いありません!

日本のサンバダンサー界を引っ張っていく無くてはならない人材なのでしょうか?

なんと、リオのカーニバルで優勝した経歴も持っているようですね!

世界トップクラスのダンサーということでしょう!

サンバダンサーになったのはいつ?

サンバとの出会い

最初に習ったダンスはクラシックバレエだったようですね。

そして、サンバにも出会ったようです。この時の年齢は9歳でした。

9歳からサンバを始めたとすると、単純計算で21年間もサンバを愛し続けたのでしょう!

ブラジルで単身修行

9歳でサンバを始めた工藤めぐみは19歳の時に半年間、ブラジルへサンバの修行に出たようです。

しかも単身で行ったということなので凄いですね。

海外留学みたいな物なのでしょうか?

きっと言葉もわからない状態での修行は将来の期待と共に不安もあったのではないでしょうか?

カーニバルチーム「サウゲイロ」

工藤めぐみは大学生の時、既にサンバのチーム「GRES Portela」と「GRES Tradicao」のオーディションに合格しパシスタとして活動していました。

大学卒業後はサンバチームの中でも特に人気の高いチーム「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro(サウゲイロ)」のオーディションに合格してパシスタとして活動することになったようです!

ちなみに、パシスタとは少数のトップダンサーの呼称のようなものです。

前述したリオのカーニバル優勝の経験もこのサウゲイロのパシスタとして出場した時でした!

-スポンサードリンク-

日本での活躍

日本人で初の○○

サウゲイロのパシスタとしてチーム優勝に導いた時、なんと日本人として初の優勝だったようです!

日本人で初めての優勝経験なんてすごいですね!

歴史に名を刻んだ瞬間でしょう!

地元への地域貢献

帰国した時に地元の神戸にサンバダンス教室を開校したようですね!

日本ではあまり馴染みの無いサンバ、地域活性化の一役を担う事業なのではないでしょうか?

 

さらに神戸のサンバチームではリーダーを担っているようですね!

サンバといえば神戸という地域柄ができるかもしれません!

○○のバックダンサー

また、サンバダンサーだけではなく、ジャニーズなどのバックダンサーとしても活躍しているようです。

SMAPや山下智久のバックダンサーの経験があるそうです。

今後メディアへの進出も目立つようになってくるかもしれませんね!

-スポンサードリンク-

管理人の感想

サンバ=ブラジルだと思っていたので、日本でも活動している人がいるとは知りませんでした!

無知って恥ずかしいですね(笑)

今後いろんな人がサンバのことを知っていくのではないかと思わせてくれた人物でした!


 - 芸能