情報提供局:本舗『なんでも屋』

芸能や最新ニュース、エンターテイメントで興味を持ったことを提供していきます。また、教育に関することや管理人の趣味に関する内容も書いています。

『下町ロケット』の池井戸潤は半沢直樹と同じ作者【阿部寛主演】

      2015/12/18

ƒt?ƒŠƒ“ƒg毎週日曜21:00~放送されている「下町ロケット

阿部寛が下町工場「佃製作所」の社長役として登場しています。

作者は池井戸潤となっており、この方は以前大ブレイクした半沢直樹の作者と同一人物となっています。

池井戸潤は金融機関のトラブルや企業同士の裁判騒動などの内容を書くのがとても上手い!

まったく知識のない人が見ても楽しめる作品になっています!

-スポンサードリンク-

下町ロケット(第2話までのあらすじ)

下町ロケットは小さな町工場「佃製作所」が手塩にかけて製作したエンジン(バルブシステム)の権利を求めあい大企業とトラブルに発展するストーリーである。

現在登場している企業はナカシマ工業と帝国重工です。

ナカシマ工業は佃製作所の技術力が欲しくて特許侵害の訴訟を起こしました。裁判はナカシマ工業の姑息な戦略で長引かせられていました。そんな時、資金繰りで困っていた佃製作所に訪れたのは、大企業:帝国重工です。

帝国重工は佃製作所が手塩にかけて製作したエンジン(バルブシステム)の特許権を20億円で譲ってほしいということだった。

資金繰りに困っている佃製作所の社員は20億円という金額に大喜びする。しかし、社長と経理部長・技術部長らは自分たちが頑張って製作したエンジン(バルブシステム)の特許権を手放すことに抵抗を感じる。しかし、特許権販売ではなく使用契約を結びたい佃製作所とは裏腹に帝国重工は使用する部品はすべて自分たちで特許権を持ちたいと主張する。

帝国重工は、佃製作所がナカシマ工業に訴えられて資金に困っている弱みにつけこんで、特許権をお金で奪おうとしているのでした。

 

しかし、ナカシマ工業との裁判が阿部寛演じる社長:佃航平の技術者の熱い想いを裁判長に訴えることで、見事逆転勝利しました!佃製作所は和解金として、56億円の資金を得ることができたのです。

これで、エンジン(バルブシステム)の特許権販売はしない方向で意思を固めた佃製作所ですが、帝国重工は次にどのような戦略で来るのでしょうか?(第3話へ続く)

池井戸潤のプロフィール

池井戸潤出典:http://www.asahi.com

本名:池井戸 潤

生年月日:1963年6月16日

出身地:岐阜県

職業:小説家

経歴:元銀行員(三菱銀行)

ドラマ化した作品:半沢直樹/ルーズヴェルト・ゲーム/ようこそ、我が家へ/花咲舞が黙ってない/下町ロケット/その他多数

 

どれも人気が高かったドラマですね!

元銀行員ということで、資金繰りや銀行トラブルのネタが多いようですね!

子供のころから小説が好きで、「江戸川乱歩賞」をいつか自分で受賞したい!と思っていたそうです。

そして1998年「果つる底なき」で第44回江戸川乱歩賞を受賞しデビューしました!

子供の頃からの夢が叶った最高の瞬間ですね!うらやましいです!

下町ロケットの今後(裏ネタ)

下町ロケットのストーリーですが、実は10話で小説にある内容は完結してしまうそうです。

その後のドラマはどうなってしまうのか?気になるところですよね!

 

どうなるのかというと・・・

なんと!『下町ロケット2 ガウディ計画』の連載が朝日新聞でされるそうです!

10月3日の朝刊でスタートし、その後は毎週土・日に連載が続くということです。

つまり、『下町ロケット』の第10話公開までに、続きである『下町ロケット2 ガウディ計画』を執筆しているということになります!

放送と同時に執筆をするなんて、今まで聞いたことがありません!

池井戸潤、すごいですね!!!

-スポンサードリンク-

阿部寛のプロフィール

プロフィール

阿部寛出典:http://everyday-e-news.com

本名:阿部 寛(あべ ひろし)

生年月日:1964年6月22日

出身地:神奈川県

職業:俳優

 

彼の熱い演技やちょっと”変な人”という感じの演技が面白いですよね!

管理人はあのような演技が大好きです!

今回の『下町ロケット』でも、裁判で語る技術者の熱い想い、感動しました!

その他の主演作品

阿部寛は他にもたくさんの主演をしていますが、特に有名な作品といえば!

トリック

ドラゴン桜

テルマエ・ロマエ

ではないでしょうか?

管理人はどれも好きですね!

 

管理人の感想

池井戸潤の作品はどれも面白いですし、阿部寛の演技も好きなので「下町ロケット」は見逃せません!

また、半沢直樹と下町ロケットは製作スタッフが酷似しています!

半沢直樹と下町ロケットのどちらも手掛けているスタッフは次の通り。

脚本:八津弘幸

プロデューサー:伊與田英徳

演出:福澤克雄/棚澤孝義/田中健太

原作:池井戸潤

これほどのメンバーが揃っていれば、強いですね!

半沢直樹も大ブレイクしたので下町ロケットも大ブレイク間違いないでしょう!

-スポンサードリンク-


 - 芸能