情報提供局:本舗『なんでも屋』

芸能や最新ニュース、エンターテイメントで興味を持ったことを提供していきます。また、教育に関することや管理人の趣味に関する内容も書いています。

【世界仰天】統合失調症で精神崩壊!脳と心の病気の症状と原因は?克服事例は?

      2015/12/07

統合失調症
10月21日(水)のザ!世界仰天ニュース「脳と心の不思議スペシャル」ということで統合失調症の特集をするようですね。

統合失調症とは一体どんな病なのでしょうか?

ザ!世界仰天ニュースでは統合失調症を発病した男性のエピソードを取り上げ、脳と心の病気の苦しみを多くの人々に理解してもらえるような内容になるそうですね。

統合失調症は健常者から理解されにくい病気のようです。それが余計に精神を狂わせて崩壊させていくのでしょう。

どのような症状が出るのか?また、その克服した事例はあるのか?

見ていきたいと思います。

-スポンサードリンク-

統合失調症とは

人間には喜怒哀楽という感情が存在します。

感情とは脳の中でいろいろな精神が管理されて起こる現象です。

それが統合失調症になると、いろいろな出来事や刺激に対して脳が整理できなくなり、普通ではない感情が表れたり思考が浮かんでしまうことを言うようです。

統合失調症は脳と心の病気?

脳の病とは

つまり、統合失調症とは脳の病であるといえます。本来、脳内で精神の管理が行われています。

 

統合失調症の人は脳内でどのようなことが起こってしまっているのか。例え話で説明してみましょう。

小学校の野球部を想像してみてください。

 

監督の指示を受け、部員が同じ練習をしています。しっかりと統率がされたこの状態が正常の働きですね。

しかし、統合失調症の場合は監督が病欠してしまった野球部です。指示する人がおらず、皆がバラバラのことをして統合されていない状態です。

人間の心の働き

人間の心の働きとは、脳の働きによって決まります。

また、心の働きには2種類あるという考えがあります。

それが「感じる」「考える」です。

統合失調症にかかりと、この感じ方と考え方に異常が現れるようですね。

 

統合失調症の症状と原因

統合失調症には陽性症状と陰性症状の2種類が存在します。

それぞれ見てみましょう。

統合失調症の陽性症状

陽性症状としては「幻覚」「妄想」「思考障害」といった症状があります。

 

幻覚に関しては、「幻聴」が多いと言われています。世界仰天で放送されるストーリーも「幻聴」がメインに取り上げられるようですね。

また、どのような幻聴が聞こえるかと言うと、「自分を否定されているような内容」が多いようです。

そして、幻聴と会話をするケースもあるようですね、そういった独り言のような会話が奇妙な行動だと捉えられて、本当に変な目で見られてしまう場合もあります。

 

妄想に関しては、いろいろあるようです。

「街ですれ違う人に紛れている敵が自分を襲おうとしている」(迫害妄想)
「近所の人の咳払いは自分への警告だ」(関係妄想)
「道路を歩くと皆がチラチラと自分を見る」(注察妄想)
「警察が自分を尾行している」(追跡妄想)
「考えていることが声となって聞こえてくる」(考想化声)
「自分の意思に反して誰かに考えや体を操られてしまう」(作為体験)
「自分の考えが世界中に知れわたっている」(考想伝播)

引用:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html

このように健常者からすると、ありえないことだとすぐ判断できることが判断できなくなってしまう。

これが統合失調症なのです。

統合失調症の陰性症状

陰性症状とはやる気の低下、うつ病に近い症状が見られるようですね。

他にも、感情の低下や自閉症(引きこもり)のような症状もあるそうです。

陽性症状からすると異常さは低いかもしれませんが、それでも社会に生きていく為には足枷にしかならない症状には変わりありません。

統合失調症の原因

なぜ、統合失調症が発症するのでしょうか?

人生の節目をきっかけに発症するケースが多いそうですが、実際の原因はまだ、解明されていないようです。

入学や入社などの環境が変わる場合はストレスが溜まるケースがあることから、管理人はストレスが原因の一つになるのではないかと想像してみました。

-スポンサードリンク-

統合失調症で精神崩壊と克服事例

統合失調症で精神崩壊の事例

 ある女性の話。

女性は交通事故に遭ってから、そのショックで一人暮らしの部屋で引きこもるようになってしまいました。
「外にでるのが怖い」そうこぼす女性に同情し、引きこもるのも仕方ないと思い、そっとしておきました。

しかし、1ヶ月たっても、半年たっても外に出ようとしません。会社からの連絡も無視しているようです。

親から実家に帰るようにと電話がきても、「帰りたくない」「私が帰ると迷惑がかかる」「私が関わると家族が事故に遭う」などと言い出し、取り合いません。さらには「私なんか死んだほうがいい」と泣きながら訴えます。

家族の方が、一旦実家に帰らせようとしました。嫌がる女性をよそに、引きずるように外に出しました。

外にでると女性は「殺される!」「死んでやる!」と叫びだしました。急いで車に乗せて実家に連れて帰りました。

実家に着くと、女性は泣き叫びながら、自分の部屋に駆け込んでいきました。それから女性は3日間ほとんどの時間、部屋で騒いでいました。家族の方もぐったりしてしまいましたが、今後のことについて話し合い、やはり病院に連れて行くことにしました。

女性がようやく少し落ち着いたので、「悩んでることがあるなら相談しにいこう」と言って、女性を病院につれていきました。

医師からは統合失調症の可能性があるといわれ、抗精神病薬を処方されました。

今では薬を飲んでいるので少し落ち着いている状態です。しかし、またいつかぶり返すのではないかと不安で仕方ないです。

引用:http://schizophrenia.nerim.info/

引きこもり、被害妄想といった症状が出ているようですね。

精神が崩壊すると、何がなんだかわからなくなってしまい、暴れだすこともあるようです。

統合失調症を克服した事例

統合失調症は投薬により克服(抑制)した事例は多いようです。

世界仰天に出てくるストーリーの男性も克服したようですね!

まずは、発症してしまったことを諦めず、病院へいき治療をしましょう。

 

管理人の感想

世界仰天ではどんな克服事例が見られるのでしょうか?

 

人に理解されにくい病であるからこそ、多くの人が統合失調症の存在を知り、発症者のサポートをしていくべきなのではないでしょうか?

 

世界仰天を見た方がいましたら、是非ご感想をコメントしていただけるとうれしいです。

-スポンサードリンク-

 

 


 - 生活, 芸能